江戸末期の蔵で頂く秋の煉切と抹茶・珈琲

1

「着物を楽しみながら江戸末期の蔵で頂く上生菓子とお抹茶 or 珈琲セット」

このイベントは終了いたしました。

平成27年10月10日(土)〜 21日(水)に静岡県藤枝市岡部の「大旅籠柏屋」にある蔵ギャラリー「なまこ壁」にて「藤枝おんぱく着物展」が開催されました。
その連動企画としてギャラリー「なまこ壁」の隣の蔵「和食処一祥庵」で、和菓子工房吉野の上生菓子「秋の煉切」とお抹茶、または珈琲のセットを味わってもらえることに。
日時、数量ともに限定のスペシャルイベント。

「藤枝おんぱく着物展」の中の限定企画(着付体験)が行われたのは2015年10月10日(土)〜12日(月・祝)の3日間。
時間は、ランチタイムが終わってからの14:00〜16:00頃。

1

題して「着物で一服セット」
●上生菓子とともに 650円
●お干菓子とともに 540円

茶席上生菓子は「龍田」「色づき」「姫菊」の3種類から。
お飲み物は「お抹茶」か「珈琲」からチョイス。

着物をお召しの方はもちろん、洋服の方も、ご遠慮なくどうぞ!

「着物で一服セット」は予約しなくても召し上がっていただけますが、限定21(7×3種類)個の予定なので
絶対に召し上がりたい方は参加日と種類&個数をあらかじめご予約いただけると確実で安心です。
予約していただいた場合は、限定数を越えてもご用意いたします。
ご予約お待ちしています。お干菓子はまたお知らせします。

お問い合わせ・ご予約 蔵の和食処「一祥庵」いっしょうあん
TEL 054−667−5215

DSC_0064 秋にふさわしい茶席上生菓子「秋の煉切」3種類の中からお好みのものを。

DSC_0025

選べる一服セット。こちらは茶席上生菓子「姫菊」とお抹茶のセット。

「着物で一服セット」のチラシ今回のイベントをコーディネートしてくれたのはフリーライターの「ぱらぽん」
一祥庵に置かれているメニューチラシもぱらぽんによるものです。
詳細は彼女のブログ「ごきげんぱらぽん2」でどうぞ!

さらに「ぱらぽん」から連動企画のご紹介です。

柏屋主屋にて「井出コレクション打掛展」(入館料 300円)

「井出コレクション」というのは清水の郷土歴史家であり江戸古民具収集家でもいらした「 井出 孝」さんのコレクションで、「大旅籠柏屋」開館当時に1200点ほど、買い取られたそうです。

今回の「藤枝おんぱく着物展」に合わせて、そのコレクションの中から「打掛」を何点か展示。特にオープニングイベントとして10月10日(土)〜12日(月・祝)の連休には、特別な企画が用意されています。柏屋主屋を見学された方は、着付け体験ができます。(着付け体験は事前予約制で無料ですが、柏屋主屋の入館料300円はお払いください。)

柏屋所蔵の着物たちを「庫流みわの会 別府教室」の皆さんのご協力のもと着付けてもらえます。男性用の着物も用意されているとか!?大歓迎だそうです。希望される方は、10/4(日)までに、電話にて大旅籠柏屋まで、お申し込みください。

 TEL/054-667-0018

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中